世界一周中の宿泊先の手配について

旅先での宿探し旅に出たら必ず毎日すること、それはご飯を食べることと、宿泊することではないでしょうか?美味しいご飯を食べようと思ったら、地元の人やほかの旅人に聞きまくるのが一番でしょう。旅に慣れ、経験値が上がっていくにつれて美味しい食事をとれる可能性も高くなります。

では、宿の方はどうすればよいでしょうか?

先輩旅人たちはどうやって宿を確保しているのでしょう?

毎回ネットで予約している?それとも行き当たりばったり?

ここでは、「宿の探し方」と「新しい宿泊の形CouchSurfing/Airbnb/Workaway」を紹介します。これらを利用することで、あなたの旅は間違いなくより充実した素晴らしいものになります。

1.宿の探し方

下記の3つを駆使すれば安くて良い宿が見つかります。

  1. 安い宿を検索できるアプリ/サイトを駆使する
  2. 直接その宿もしくはそのサイトへ行き調べる(値段を比べるため)
  3. 地元の人、旅行代理店や、他の旅人から情報を仕入れる

私たちは、初めて行く国については、比較サイトやほかの旅人のブログなどで評価の良い宿を事前に予約していました。土地勘もなく、何もかも初めての場所で、大きな荷物を持って宿を探すことは安全ではないと考えたからです。

一時期、節約してこそバックパッカー!という考えにとらわれて、荷物を持ってダラダラと宿を探し続けた時期がありました。けれども、その間に浪費した時間や体力がもったいなかったなぁと思います。時には宿探しで夫婦喧嘩も勃発しましたから。

それからは、宿に荷物を置き、一息ついてからその街を探検して、さらに安くて良い宿があれば移動するようにしていました。

宿のおすすめ検索サイト

<日本語で検索できるサイト>

※以前は一般旅行者向け(バックパッカー向けではない)のホテルがほとんどでしたが、最近ではゲストハウスの情報が増えてきました。

<日本語では検索できないサイト>

いわゆるホテルだけでなく、安い宿も載っているのでバックパッカーには助かります。いずれのサイトも宿泊者から各宿の評点が掲載されているのでこちらも参考になります。中にはサクラによるコメントも入っていますが、コメント数の多い宿や評価の高くないコメントを参考にして宿泊する宿を決めていくと良いと思います。

また、このほかにも、ヨーロッパに強い、北米に強いなど特徴のあるサイトもあります。旅人の間では、宿をとる際にどのサイトを使っているか、航空券はどうやって探しているか?という話題は良く出てきます。旅をしながらどんどん経験値を上げていきましょう。

2.新しい宿泊の形 CouchSurfing/Airbnb/Workaway

寝室間違いなくあなたの旅をより充実されてくれるものの一つに、CouchSurfing/Airbnb/Workawayがあります。

どれも、泊まりたい人、泊まってほしい人をマッチングさせるためのサイトで、無償のものもあれば、有償、労働力を提供などそれぞれに特徴があります。これらのサイトを利用することで、もちろん旅の費用の節約になりますが、それ以上に大きいのは、現地で暮らしている人の生活にジョインできることです。現地の人と一緒に過ごし、彼らの考え方や、文化、生活のスタイルなどを直接知り、感じられること、それこそが多くの旅人が旅に求めているものではないでしょうか。

カウチサーフィン

「私たちは、旅によってより素敵になった世界を、そして人と人とのつながりによってより豊かになった旅を思い描いています。」そんな思いで立ち上げられたもので、うちに泊まっていいよという人と、泊まらせてほしいという旅人をマッチングするためのサイトです。

無料のため、評価の高い人はなかなか予約がとれません。そのため、早くからオファーを出さなければいけないという点では、旅の自由度が少し落ちるかもしれませんが、それでも地元の人の生活を垣間見られるという点ではそれ以上の価値があるのではないでしょうか。

相手の言葉や、職業なども指定できます。例えば、将来建築家を目指しているのならば、世界中の建築家のホスト(泊めてくれる人)を訪ね歩いてみることができます。

Airbnb

「世界にひとつの家をブッキング。住民気分で街体験。」

自分の家を有料で貸し出したい人と、現地の人の家に泊まってみたい人、もしくは、ホテルよりも安い価格で宿泊したい人をマッチングさせるためのサイトです。

上記のカウチサーフィンの有料版です。有料のため、カウチサーフィンよりも幅広い選択肢の中からえらべますが、ホストの人と顔を合わせない形態の場合も多いです

Workaway  

「ボランティア、仕事、異文化交流を世界中で。」

こちらは、食事や宿泊を提供する代わりに労働力を提供してほしい人、異文化の人を自宅や自分のコミュニティに呼びたい人と、仕事を通して異文化を知りたい人、旅の費用を抑えたい人をマッチングするためのサイトです。

仕事や、働き方の種類は多種多様でいろいろ選べます。「働く」ということにより、より深いところまでその国や人の考え方を知ることができるかもしれません。

深い体験ができてなおかつ節約にもなるこれらのサイト、利用してみない手はありません。でも、危なくないの?という心配もありますね。そういった不安をできるだけ取り除き安心して利用できるように、こういったサイトは、宿泊についての情報だけでなく、実際に利用した人からの評価も記載されています。

この評価の件数が十分にあり、良いコメントがついている人を選ぶことで、リスクを回避することができます

また、宿泊を提供する人も同じような不安を持ちます。「この人を泊めても大丈夫だろうか?」という不安です。そのため、宿泊を希望する人に対しての評価も記載されるものもあります(CouchSurfing/Workaway)。

したがって、自分自身の情報をきちんと記載することがまず必要です。

また、通常ホストと呼ばれる宿泊を提供する側の人たちがあなたについての評価を記載することになります。この、評価が低かったり、件数が少なかったりすると、コンタクトをとっても宿泊まで結びつかないことが多いです。

「利用したくてもなかなか受け入れてもらえない」ということにならないように、旅を始める前から自分のページを作りこんでおくこと、そして、できるだけ早く利用し始めることをおすすめします。その分評価がたまり、いざという時に受け入れてもらえる可能性があがります。

私自身がCouchSurfingを利用した時には、最初は宿泊の予約がなかなかとれなかったため、「会うだけ」の制度を利用しました。それだけでも、現地の情報をいろいろ教えてもらうことができ、とても有意義な時間となりました。その人が私たちについてよい評価をつけてくれ、コメントも載せてくれたため、2回目にはシンガポールの夫婦が私たちを宿泊という形態で受け入れてくれました。

物価が高いシンガポールで3泊させてもらい、地元のおすすめのレストンや屋台をはしごしたり、夜遅くまで他愛もない話をしたり、観光ではなく現地の人の生活に触れされてもらいました。今でもこの夫婦とは連絡を取りあい、旅が終わった後も何度か遊びに行かせてもらっています。

どんなに素晴らしい景色やお祭りも、人との出会いという経験に勝るものはないと思います。そして、宿代も節約できる。となると、是非利用したいものですね。