働くだけじゃない!ワーホリでの6つの過ごし方。

ワーキングホリデーの過ごし方海外での生活に興味あるしワーキングホリデーに行ってはみたいけど…

現地でどうやって過ごせば良いのだろう?

漠然と、英語学校行って、働いて、、、と思っている位でしっかりとイメージするのは難しいですよね。

ワーホリに行ったら何をすればいいか?

そこで、今回は「ワーキングホリデーの過ごし方」についてです。まず、大きくシンプルに分けると

  1. 住む
  2. 遊ぶ
  3. 学ぶ
  4. 働く
  5. 恋する
  6. 旅する

の6項目に分けられますね。

それでは早速それぞれ見て行ってみましょう。

①住む

ワーホリでの暮らし

わざわざワーキングホリデービザを取得するという事は、ほんとんどの人が6ヶ月以上の長期で現地に滞在する予定でいると思います。そうすると、まずはどこかに「住む」事になります。

バックパッカー

宛てがなく現地に到着したら、とりあえずバックパッカー(Backpacker)に宿泊すると良いでしょう。町と呼べる場所であれば大抵どこにいってもありますし、ホテルと比べて安いです。

週単位や月単位で支払う事で長期割引などもあったりするので、居心地がよければそのまま住む事もできます。様々な人が泊まり、友達もできやすいですし、たくさんの情報が入ってくるので面白いです。

ホームステイ

一度はしてみたい。という方も多いのではないでしょうか?

現地の家族の暮らしを生で感じる事ができるので、英語環境の中で、暖かく素晴らしい時間を過ごす事ができるでしょう。

一点、残念ながらホームステイを受け入れている家族が全て良い人たちとは限りません。ホームステイ先を決める際には慎重に調べましょう。

ルームシェア・シェアハウス

お友達とお部屋を借りてシェアしても良いですし、海外ではルームシェアやシェアハウスは日本よりもメジャーなので、シェアメイトを探している人はたくさんいます。新たな出会いや共同生活の中で素敵な繋がりができると素敵ですね。

費用的にも安くで良い環境に住む事ができます。決める前に自分の目で見ておくと安心ですね。現地に行かずに決める時は事前に自分の求めている環境で生活ができるのか、しっかりと確認しておきましょう。

キャンプ場

車を持っている事が前提となりますが、各地にキャンプ場がありますし、キャンプ場といってもキッチン設備やトイレ・シャワー環境もバッチリなので、安い金額でかなり快適に生活する事ができます。トレーラーハウスなどで数ヶ月単位で住んでいる現地の方も結構いるので、そのような人たちと仲良くなれるとこれまた楽しいです。

賃貸

少し難易度や金額が上がるので、ワーホリの人にはあまりメジャーではありませんが、自分だけの空間が欲しいという方も少なくないはず。

家具付きのコンドミニアムやシンプルなフラットなど、自分の好みに合わせて借りてみるのも面白いと思います。

元手はある程度必要ですが、何室かある部屋を借りて、部屋を貸す立場になれば、部屋代を浮かす事もできるかもしれません。

wwoof・workaway

実はお金を全くかけずに現地に短期〜長期で住む事もできちゃいます。

詳しくは次の記事をご参照ください!

②遊ぶ

ワーホリで遊ぶ

個人的には人生は遊んでなんぼだと思っています。

そしてワーキングホリデーで滞在できる事のできる国の多くの人たちは遊びの達人です!

全力で遊びます。遊ぶために生きています。

日本人はついつい仕事を一番に持ってきてしまいがちですが、是が非でも負けないように遊びましょう!

マリンアクティビティ

サーフィン・カイトサーフィン・ウェイクボード・スキューバダイビング・シュノーケル・ジェットスキー・パラセイリング、釣りなど挙げればきりがないですね。

海外での経験をもとに一生の趣味ができたら最高ですね。

やりたいと思っていたけど・・・というものがあれば是非この機会にチャレンジしてみてください。

マウンテンアクティビティ、その他

山では登山、トレッキング、キャニオニング、ラフティング、クライミング、それ以外にもスカイダイビングやパラグライダーで自然を感じるのも最高ですね。

とにかく無限に楽しめます。何をするにも日本だって負けていないと思いますが、海外では日本とは違う生態系や、独特な景観が拡がっています。なので、いろいろなアクティビティも是非Tryしてみてください!

キャンプ

山、川、海、自然を感じながらのキャンプに説明は入りませんね。

街中のスーパーで簡単にキャンプ用品を用意できるので、どこでも気軽にキャンプできます。

観光

せっかくの海外です。観光もたくさんしましょ〜。

素敵な思い出をたくさん創っていく事で人生もより豊かになるはずです!

Bar、Pub、club

現地の人と仲良くなるには一番手っ取り早い場所です。

日本ではなかなか出会えない美味しいお酒もありますし、何より現地の人との出逢いがワーホリ生活を最幸なものにしてくれる事でしょう。良い出逢いを。

ラウンド

車を使って国中の観光スポットを周るのも最高です。

一人でも、友達とでも、恋人や夫婦でも。

朝起きてから夜寝るまで全ての時間が最高な遊びです!

その他全力で好きなことをする!

自分の好きな事、趣味を使ってできる事はきっと現地でもできます。

いろんなアイディアを考えて、とにかく全力で遊びましょう!!

③学ぶ

ワーホリで勉強

外国から学ぶ事はたくさんあります。

外国で暮らす事で改めて日本について考えたりもします。

そして人生はやはり学びの連続ですからね、どんどん学びましょう。

英語

これは絶対ですね。英語が話される国での生活です。机に向かって勉強する事が苦手な人でも、現地ではアイディア次第で様々な方法で学ぶ事ができます。

現地での英語環境が不安な方は、格安でマンツーマン授業を受ける事ができるフィリピン留学で英語にある程度自信をつけてから行くのも良いですね。クロスロードでは一人一人に合ったカリキュラムを提案していますので、学び方がわからない方は気軽にお尋ねください。

サーフィン・ダイビングなど

まとまった期間学ぶ事ができるとインストラクターやダイビングマスターになれたりするかもしれません。今後の人生にも活きてくるスキルを身につけられたら素敵ですね。

Yoga

世界中で注目のYoga。海外生活で一番大切なのは健康です。

Yogaなどは世界中どこにいってもできるので、学んでおいて損はないです。

健康を維持しながら教えられるくらいにまでなれたらこれもまた素敵ですね。

その他資格など

興味のある分野にはどんどんチャレンジして学んでいってください。

時間を有意義に、贅沢に使いましょう。

海外では、なんでも英語で「学ぶ」ので、ただその分野について学べるだけでなく、英語力もおまけで付いてくるところが良いですね!

④働く

ワーホリで働く

住むため、遊ぶため、学ぶためにはある程度のお金が必要です。

そして「働く」事ができるのはワーキングホリデービザの大きな特徴です。

これはもう働いてみるっきゃないですね!

⑤恋する

ワーホリで恋愛

人はこの為に生きていると言っても過言ではありません。

そして現地の人と恋に落ちれば英語の習得はできたも同然なのです。

あなたがワーホリに惹きつけられているのは、もしかすると運命の人が待っているからかもしれません。毎日をOpen mind で楽しく過ごし、たくさんの素敵な恋をしてくださいね。

⑥旅する

街中を歩いている女性

1ヶ国に1~2年と長期間いる事ができるので、贅沢に時間を使って旅をする事もできます。短期では感じられない事を感じたり、たくさんの出逢いが素敵な展開に導いてくれたりと、かけがえのない時間になる事間違いなしです。

徒歩や自転車で旅をしてみると、想像を超えた経験ができるかもしれません。お金に不安のある人はバスキングをしながら旅をするというのもオススメです。

バスキングだけでひと月55万円を稼いだ事もある僕が、バスキングについて詳しく書いた資料がダウンロードできるので、こちらも是非ダウンロードしてみてくださいね。

どうでしょう、色々とご紹介させていただきましたが、なんとなく自分の海外での過ごし方のイメージが付いてきましたか?

正解はありませんが、間違いもないです。

あとは思いたった事に全力でチャレンジしてきてください。

是非人生が変わってしまうような最高なワーキングホリデー生活を送ってくださいね。